So-net無料ブログ作成
人気ブログランキングへ

物語シリーズセカンドシーズン『傾物語 まよいキョンシー(上)』が発売 [アニメ感想]

20131224傾物語_001[1].jpg

物語シリーズの最新作となる『傾物語 まよいキョンシー(上)』が発売となりました。
タイトル詐欺がものすごい今作ですが、あの場所でもしっかり突っ込まれてましたw





20131224傾物語_002_01.jpg

本編BDと主題歌「happy bite」のCDが付属します


20131224傾物語_003_01.jpg

20131224傾物語_004_01.jpg

20131224傾物語_005_01.jpg

特製パンフレット
ロリ全開ですw


20131224傾物語_007_01.jpg

エンドカードピンナップも付属



毎回恒例の修正ですが、前巻よりも非常に多岐にわたっています。
特に、第2話では止め絵では殆ど全ての箇所で手が入っているのではないかと思われるくらいです。
おそらく、某超大型魔法少女の劇場版の作業が大変だったのでしょうね^^;
しかし、製品版ではしっかり修正してくるところがシャフトさんといったところでしょうか。
こういう姿勢をみると、やはりパッケージを購入しようという意欲がアップしますね^^


それでは、修正箇所の目立ったところをご覧ください。
左がBD版、右が放送版です。


第一話
アバン

20131224傾物語_001.jpg

1.扇の眼の形や黒目の大きさ、影など
2.影の付け方
3.目や髪型、顎の形
4.影の付け方
5.カットに出てくるカップルが変化w
6.扇のおしりの突き出し方
7.ベンチなどへの光の当て方
8.育った真宵がはっきりと

アバンだけで相当手が入っています^^;
また、この後に放送時には第一話ではOPが無かったのですが、BD版では第1話からOPがつきます。


20131224傾物語_019.jpg

Aパート

1.立ち話する阿良々木さんと余接が若干アップに。以降すべてのカットで適用
2.阿良々木さんの顔の全体的な造形
3.リュックの位置など
4.アララギさんのポーズ
5.カメラ位置が背後から正面に
7.アララギさんのポーズ
8.余接ちゃんの顔の修正
9.ジト目が若干普通に
10.放送版では場所が固定だったのが、BD版では移動している
11.同上


20131224傾物語_043.jpg

1.阿良々木さんの顔やポーズなど
2.カメラ角度の変化
3.挿入される一連のカットが砂漠風景から都会的な風景に
4.余接ちゃんのスカートが広がるように変更
5.顔の造形や襟元など
6.全体的に修正
7.放送版では少し頬を赤らめ可愛らしい表情だったのが、無表情に変更


20131224傾物語_057.jpg

Bパート

1.忍の姿勢
2.表情の変更、キャミの修正
3.影をつけて、リュックの大きさの変更
4.口の造形と牙の形状


20131224傾物語_067.jpg

1.鳥居が白く発光するようになりエフェクトも変更
2.顔の造形
3.表情が若干大人っぽく
4.カメラのいちの変更
5.全体的な表情の修正
6.表情、キャミの修正
7.表情、シャツの色(BD版は多分塗り忘れw)
8.背景
9.話しかけてきた女学生が口元アップだったのが、身体のアップに変更(阿良々木さん視点?)
10.光源の変更


20131224傾物語_089.jpg

1.電柱の位置の変更
2.顔の造形、リボン
3.背景の変更
4.顔の造形、髪のたなびき方
5・6.真宵について語るシーンでの演出の変更
7.顔の造形、リボン
8.同上
9.メメの大きさと位置
10.目の形や影


20131224傾物語_111.jpg

1.コアラ抱っこの時の忍の手の位置
2.阿良々木さんに負のオーラがw
3.背景が住宅地から田んぼに
4.顔の修正
5.電柱が増殖していく演出が無しに
6.忍のメガネカメラの角度など
7.真宵パパの口を描かず、手が前に出すよに
8.広角的な歪みを入れてスピード感を入れる演出に
9.おんぶするシーンの演出を変更
10.阿良々木さんの目が逝っちゃってるように変更w


20131224傾物語_131.jpg

1.光源の変更
2.忍の顔を全体的に修正
3.過去の鳥居の演出も変更、背景に光源も追加
4.忍全体的に修正

まあ、目立った場所でもざっとこれくらいあげられるくらい、とにかく本当に修正箇所が多かったです。
特に阿良々木さんと忍はほとんどのカットで修正されてるくらいで、忍好きのエムジェイさんにとっては、それはとっても嬉しいなって^^
目立った修正が無かったのはロリ羽川くらいじゃないでしょうか?
まあ、それはそれでスタッフどれだけ羽川好きなんだというツッコミがしたくなりますがw
今回もシャフトさんの意地というものが感じられて感嘆せざるを得ないですね!


お楽しみのキャラクターコメンタリーは、真宵と忍が登場です!
毎回、とんでもない方向へ暴走していくQ・・・じゃなくて真宵ですが、今回もしゃべりまくりですw
忍と「ロリコンビ」と自称したり、羽川加えて「物語ロリオ」、さらには忍の旧名を「キスショッタ・アセロラロリオン・ハートアンダーティーン」と呼ぶなどロリ連呼してますw
しかしながら、さすが吸血鬼の中の吸血鬼、忍も途中からは冷静に真宵の暴走をスルーするなど貫禄を見せつけますw
また、誰もが思うタイトル詐欺についても忍からお詫びの言葉が棒読みで語られます(西尾先生なにやってんのw
まあ、とにかくふたりともしゃべりまくりでノリノリなキャラコメに仕上がっていて本当に楽しめました^^

下巻はキャスト3人という凄い状態になりますが、一体誰がキャラコメに出てくるのかとても気になりますね^^;






傾物語 第一巻/まよいキョンシー(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]

傾物語 第一巻/まよいキョンシー(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: Blu-ray




傾物語 第ニ巻/まよいキョンシー(下)(完全生産限定版) [Blu-ray]

傾物語 第ニ巻/まよいキョンシー(下)(完全生産限定版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: Blu-ray




nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 13

コメント 2

水銀

エムジェイ さん、こんにちわ

シャフトさんの修正はいつもながらすごいですね、もはや作り直しって言ったほうが早いかもw
そして、それを詳細比較するエムジェイさんが凄いw
自分は・・・、まだ放送分すら見れていません orz

>真宵と忍が登場です!
破壊力MAXコンビですねw
これは、とりあえずBDは押さえて置こう♪
by 水銀 (2013-12-28 01:55) 

ぽち

いつも素晴らしく撮られているフィギュアの写真に感心しておりました。
いつもブログにお越し頂きありがとうございました!
来年も変わらぬお付き合いの程、よろしくお願い致します!!

よいお年を d(>_・ )グッ!
by ぽち (2013-12-31 17:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました